LATEST NEWS

BIOGRAPHY

TAEYO
(タイヨウ)

Taeyoung Boy(テヤンボーイ)から改名。
2015年、SoundCloudにラップ音源をアップしたところ、
予想以上の反響を受けたことから本格的に活動をスタート。
HIPHOPの枠を超えたリリックとラッパーならぬメロディーセンスでネット上でファンを一気に獲得する。
また音楽だけに留まらず、ファッション+カルチャー面で大きな指示を得ており、
モデルやレセプションでの稼働、アパレルブランドとのコラボなど、
ファッション業界からの期待値も高まっている。

2018年リリースの「Fault」はSpotifyのバイラルチャートで1位を獲得する。
2019年にリリースしたフルアルバム「HOWL OF YOUNGTIMZ」には
Tohji、Pablo Blasta、ACE COOL、WILYWNKA、Shurkn Papら新世代のラッパーと、
新鋭シンガーFriday Night Plansらが客演参加。
プロデュースには盟友Droittteやhaquに加え、東京の最重要プロデューサーであるChaki Zulu、
グラミーノミネーターのstarRo、宇多田ヒカルのRemixにも携わったTepppeiが参加。

2020年5月、TAEYOに名義変更しメジャーデビュー。
同年リリースのChaki Zulu、BACHLOGIC、CELSIOR COUPEを
プロデューサーに迎えたEP「ORANGE」は各方面で高い評価を得ている。